ニキビの呪縛

私個人、中学生の頃にニキビに悩まされていました。http://barbaraardizone.com/

特におでこにニキビができやすく、そのニキビを隠すために前髪を伸ばして隠していました。

中学生という多感な時期であったためにニキビを必要以上に恥ずかしいものであると感じていました。今考えると、何でそこまで恥ずかしかったのかと疑問に思うほどですが、あの時に私にとってはもうニキビしか考えられなくなるほど、気にしているものでした。毎日、ニキビのことを考えていて、悩みの中心は確実にニキビでした。

しかし、ニキビは個人差はあれど少なからず、中学、高校と生活していればできるものです。もちろん、個人差の影響から全くできない人、沢山出来る人が存在します。

しかしそのような例外を除くと、大多数の人はニキビができます。皆できるものなのに、必要以上に恥ずかしがることはないというのが今の私の見解です。

ここで、恥ずかしがる必要がないということについて説明します。恥ずかしがるという行為は結論として、ニキビを強制的に隠すというところに行きつきます。私のように前髪で隠したり、自分に合わないクリームを必要以上に使用したりというのがいい例です。結局、ニキビというものは時間が解決してくれるものです。もちろん、ニキビを効果的になおしてくれる製品も存在していると思います。

しかし、ここでは言及しません。健康的な生活習慣を維持することが回りまわってニキビに良い影響を与える思っています。