リバウンドしないためのダイエット

ダイエットと言うと良く食事制限を思い浮かべるかもしれませんが、これはあまり効果的ではありません。もちろん、お菓子などの感触を減らす分には問題ありませんが、ご  飯などの食事を減らしてしまうとかえってストレスがたまり、いつか必ずリバウンドしてしまいます。

グラマラスパッツ

そのため、ダイエットをする際には「野菜だけを食べる」と言った概念を捨て、偏りのない食事を心がけることが必要です。また、食事の際はよく噛むことも重要です。

噛む回数が増えれば増えるほど脳の働きが活発になり、神経ヒスタミンの量が増えます。神経ヒスタミンは満腹中枢や交感神経を刺激して、脂肪細胞から分泌され食欲を抑えるレプチンと言う名のホルモンの分泌も刺激すると考えられています。つまり簡単に言えば、噛む回数が多いと、脳に「おなかがいっぱいだ!」と言う感じで情報が伝わるのです。

ひじきやおひたし、玄米と言った食べ物が良いと考えられます。次に食事以外の方法としてきちんと睡眠を取ることをお勧めします。寝ることとダイエットは関連性がないと思われる方もいらっしゃると思いますが、実は大きく関係します。もちろん1日中寝ればよいというわけではありません。睡眠時間はできるだけ統一しましょう。夜更かしをすると空腹に襲われます。22時から2時の間には寝付いているのがベストです。

睡眠中はダイエットや美容に大きく影響するホルモンが分泌され、代謝状況が良好になったり、食欲を抑えられたりとダイエットにうれしい効果があります。

と言う感じでリバウンドしないためのダイエットについて話していきました。他にも運動などが挙げられますが、いきなり全部の条件を満たすのは大変なので今回紹介したうちの1つでも良いので実行してみてはいかがでしょうか。皆さんの努力が実ることを祈っています。