頭皮の乾燥を防ぐにはドライヤーをうまく使おう

頭皮が乾燥すると、フケが出やすくなります。頭皮が乾燥する原因の一つが髪の毛の自然乾燥です。頭皮が濡れたままだと、頭皮に常在している雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が繁殖すると、頭皮のターンオーバーが乱れます。ターンオーバーが乱れると、頭皮が乾燥しやすくなります。髪の毛を洗ったら、ドライヤーを使って乾かしましょう。頭皮が濡れたままの状態になるのを防ぐことが大切です。

プレミオール21日間スターターセットの効果と私の口コミ体験談!

ただし、ドライヤーの刺激が強すぎても、頭皮の乾燥を招きます。ドライヤーを使う時間を必要最小限にするため、タオルドライをしっかりしましょう。タオルドライをすると、ドライヤーをかける時間を大幅に短くすることができ、熱による頭皮のダメージを小さくします。

短時間で乾かすことを優先するあまり、髪の毛の近くにドライヤーを構えるのも注意したいところです。ドライヤーが近すぎると、熱による頭皮のダメージが大きくなってしまいます。ドライヤーは頭皮から10センチ以上離すようにします。同じところにドライヤーの温風を当てないことも大切です。

ドライヤーの当て方だけでは不安な場合、保湿成分を含んだ頭皮美容液を使うことも有効です。髪の毛を乾かした後、乾いた頭皮にスプレーすると、頭皮が潤います。スプレーした際に、頭皮全体をマッサージすると、血行も促進します。