口臭の原因はどこにあるのか

口臭の主な原因は物質的なことをいいますと揮発性硫黄化合物となります。ブレスマイルウォッシュ

これは硫化水素やメチルメルカプタンのことであり、歯周病原菌によって口の中が臭くなるのはメチルメルカプタンを大量に出すからです。ですから、歯周病というのには強烈な口臭が出てしまうということになります。それが周りに迷惑をかけるということになります。

つまりは、歯周病の予防がとても大事になります。口臭の原因と言っても歯周病が原因とは限らないこともありますがそうでない場合は例えば歯磨きをしてしっかりと歯垢なども削ってもらえばどうにかなります。

しかし歯周病ということになりますとさすがに自力でどうにかしようとするのには時間がかかるかあるいはほぼ治らないというような状況になってしまうので早めに行動するようにしましょう。歯周病でないのであればそれはまずはよい歯磨き粉を使って、ということからやってみましょう。もし歯周病などであるのであればそれは歯医者にいって治療してもらうようにしましょう。

自分の口の中の臭さというのはなかなか判断ができるものではないかもしれませんが、なんとなく周りの反応などからよく判断してみるようにしたらよいでしょう。

それでわかります。