長年の薄毛の悩み

中学生の頃からずっと薄毛で悩んでいました。父親は若くしていわゆるハゲ、母親も髪にボリュームのある方ではありませんでした。思春期頃になると同級生や周りの子達も髪型をオシャレにしていました。わたしもそんな髪型に憧れてセットしてみても、同じような髪型になりません。
http://www.sefmalaga2016.com/

仲の良かった子にセットのやり方を聞いたり同じ整髪料を使ってみてもダメでした。結局髪のボリュームが少ないことに気づき諦めました。それから中学、高校とオシャレとは無縁の同じ髪型でずっと過ごしました。わたしはオシャレになってはいけないんだな、そんな風に思いました。

社会人になると仕事で忙しかったり、そこまで髪型のことを気にすることは少なくなりました。月並みに恋愛もできるようにはなりました。30歳を越えたくらいにいつも通っている美容院で仲のいい店員さんから「少し髪のボリュームが少なくなってきましたね」と言われ、その言葉が心に残りまた薄毛のことを気にし始めるようになりました。

それから髪にいいシャンプーを探し、自分に合ったものを見つけることができ、今ではそれを愛用しています。美容院の店員さんからも「髪キレイになりましたね」と言われ、今では感謝しています。あとは結婚相手を見つけることです。理想は将来子どものことを考えて髪のボリュームが多い人です。

女性だからこそ育毛は必要

中学生から気になっていたこと、薄毛。きっかけは友達から言われた「○○ちゃん(私の名前)って禿げてるね!」でした。ニューモは販売店で市販されている?

その子は別に悪気があったわけではなく、ただからかいの延長上で私を軽くいじっただけでした。当時はお互いにちょっとしたいじりのようなあだ名で呼び合うのが流行っていて、チビ、出っ歯、貧乳など、悪口のようなあだ名を言うことで、逆に仲の良さをアピールしていたのだと思います。私の場合は、その子の発言をきっかけにあだ名は「ハゲ」となりました。

ある時ふと、もしかしたら本当は自分は禿げているのかもしれないと思い始めました。

確かに、みんなに比べて髪にボリュームがない気がする…みんなの毛はしっかりしているのに私の髪の毛は細くて弱そう…気になったら止まらず周りの大人に聞いてみました。すると帰ってくる言葉は「女の子なんだから大丈夫」と、この一点のみ。そうか、女の子は大丈夫なのか、と大人の言葉を鵜呑みにし、安心したまま月日は流れ現在に。

気が付くとCMで流れるのは女性の育毛剤やらウィッグのCM。心は「だ、騙された!」という気持ちでいっぱいですが、当時の大人たち全員に育毛剤やウィッグ代を慰謝料として払えとは言えないので、大人しく自分で払います。が、もし今、中学生のころの私のような女の子がいたならば、全力で相談に乗ってあげようと思います。